NEWS

2020年11月6日

アスリートと水素の事例紹介 鹿島アントラーズユース(U-18)を対象とした臨床試験を実施 について

水素ガス吸引器「KENCOSシリーズ」の製造元、株式会社アクアバンクの記事のご案内です。

株式会社ママダ(水素の窓口の親会社)は、アクアバンク社への出資企業です。

 

▼本記事の対象者

・アスリートやスポーツ選手の方々

・水素吸入や水素吸引に関心がある方々

・食事や運動、トレーニング、サプリメント以外で、パフォーマンス向上を検討の方々

 

▼水素でアスリートのパフォーマンス向上

 

水素がアスリートやスポーツ選手のパフォーマンス向上に有効的であることが判明された記事のご紹介です。

水素にご関心のあるアスリートの皆さま、ご参考にいただければ幸いです。

 

鹿島アントラーズユース(U-18)の選手を対象に2017年7月に水素ガス吸引時の脳実行機能テストを実施しました。
同社は、2016年12月より『水素吸引時の心理生理的効果の検証』を行っています。この試験では、第三者機関、ヒト臨床試験のエキスパートであるCPCC株式会社に依頼し、倫理委員会の承認のもと、臨床試験を実施いています。
今回の臨床試験では、選手に各種機能テストを行った後、5分間の水素ガス吸引を実施し、吸引前・吸引後の状態の違いを検証し、その結果脳機能の変化が確認され、選手のパフォーマンスの向上に有効的であることが判明しました。

引用元:PR TIMES「鹿島アントラーズユース(U-18)を対象とした臨床試験を実施 水素ガス吸引により選手の脳機能の変化を確認アスリートのパフォーマンス向上に有効的であることが判明」

 

【実験結果】
様々な項目で脳機能の変化に効果がみられ、アスリートのパフォーマンスの向上が期待できるといえます。

 

鹿島アントラーズユース(U-18)を対象とした臨床試験を実施した際の実験結果

 

▼試験結果の考察、総合判定、今後

鹿島アントラーズユース(U-18)を対象とした臨床試験を実施した際の実験結果の考察と総合判定と今後

 

▼なぜ今、この記事を紹介しているのか

2017年の記事ですが、現在もお問い合わせの多い内容ですので、ご案内いたしました。

また、水素の窓口では、アスリートやスポーツ選手向けに、水素で支援活動を積極的に行っております。

KENCOS以外にもご案内中です。水素の窓口のスリート向けの記事はコチラ

 

▼アクアバンク(製造メーカー)ついて

・社名:株式会社アクアバンク

・設立年月:2011(平成23)年6月

・資本金:5億1,525万円(資本準備金2億2,387万5,000円含む)

・本店所在地:大阪府大阪市中央区博労町1-8-15

・代表者:代表取締役 竹原タカシ

・KENCOS(ケンコス)シリーズの製造メーカー

 

株式会社ママダ(水素の窓口株式会社の親会社)は、

KENCOSシリーズ製造元の株式会社アクアバンクへの出資企業です。

 

 

アスリートの皆さまへ

当社は、プロ、アマチュア、大学、学生問わずに、

アスリートの皆さまをご応援しております。

 

水素吸引器に関心がございましたら、

お問い合わせください。

できる限りのご支援をいたします。

 

・問い合わせフォーム(Twitter):こちらをクリック

・問い合わせフォーム(メール):こちらをクリック

・アスリート支援担当:水素の窓口株式会社(株式会社ママダの100%子会社) 岡田